OB・OGと卒業論文・修士学位論文・博士学位論文

[2021年度] [2020年度] [2019年度] [2018年度] [2017年度] [2016年度] [2015年度] [2014年度] [2013年度] [2012年度] [2011年度] [2010年度] [2009年度] [2008年度] [2007年度] [2006年度] [2005年度] [2004年度] [2003年度]

2006年度まではチーム制となっていましたので、潮チームのものについてのみ記載しています。

2021年度

修士学位論文

  • 李 開眼:ラビンゲームを用いた有限線形時相論理に対するスーパバイザ制御
  • 大浦 稜平:Bounded Synthesis and Reinforcement Learning based Optimal Controllers Synthesis for Stochastic Discrete Event Systems with LTL Specifications
         (有界設計法と強化学習に基づく確率的離散事象システムに対する線形時相論理仕様を満たす最適制御器の設計)
  • 衣川 琢磨:Optimal Controller and Planner Synthesis with Temporal Logic Specifications over Finite Traces
         (有限トレース上の時相論理仕様のもとでの最適制御器及びプランナーの設計)
  • 津曲 夏子:時相論理制御仕様の下でのローバー・コプター協調探索問題における未知環境の学習
  • 戸田 康介:Game-theoretic Analysis of Miners’ Decision-making in Blockchain Networks
         (ブロックチェーンネットワークにおけるマイナーの意思決定のゲーム理論的解析)
  • 深浦 尋:UAV監視支援インタフェースに向けたカメラ動画のQoS最適化アルゴリズム
  • Bian Yadi:強化学習と形式手法を用いたマルチエージェントシステムに対する衝突回避制御

卒業論文

  • 瀬野 圭一朗:Learning-Based Black Box Checking for k-Safety Hyperproperties
         (k-セーフティなハイパープロパティに対する学習に基づくブラックボックス検査)
  • 増本 雄斗:Capturing Complex Features from Knowledge Graph
         (知識グラフからの複雑な特徴の検出)
  • 丸茂 英敬:Range-equivariant convolution for semantic segmentation of LiDAR point clouds
         (LiDAR点群のセグメンテーションのための距離同変畳み込み)
  • 山下 史貴:Potential Game Based Anti-Jamming Channel Selection Taking Priority into Account for Sensor Networks
         (センサーネットワークのためのポテンシャルゲームに基づく優先度を考慮したアンチジャミングチャネル選択)
  • 吉田 崇人:Unbalance-Aware Deep Learning of Physical System
         (アンバランスを考慮した深層学習による物理系の学習)
  • 柏原 悠:Anomaly Detection using Diffusion Model without Diffusion
         (拡散モデルによる拡散を用いない異常検知)
ページの先頭へ

2020年度

博士学位論文

  • 榊原 愛海:Supervisory Control of Discrete Event Systems for Linear Temporal Logic Specifications(9月修了)
  • 坂口 聡範:クアッドローターのチルトフレーム制御とピニング協調制御

修士学位論文

  • 狐塚 崇大:Applications of deep reinforcement learning to control and scheduling of networked control systems
         (ネットワーク化制御システムの制御とスケジューリングへの深層強化学習の応用)
  • 高島 相太:需要変動を考慮した非同期型タクシー運転支援システムの構築
  • 渡邉 大樹:集団ゲームに基づく複数種エージェントに対する大域最適タスク割当法
  • 王 学揚:TD3 を用いたチルトフレームを有するクワッドロータの飛行制御

卒業論文

  • 青嶋 雄大:Neural Network Model of Discrete-Time Lagrangian Mechanics
         (離散時間ラグランジュ力学のニューラルネットワークによるモデル化)
  • 尾上 悠雅:Event-triggered Control for Mitigating SIS Spreading Processes
          (SISモデルに対する事象駆動型制御)
  • 金島 昂輝:時相論理制約の下でのPickup and Delivery 問題
  • 永江 孝太郎:counting 時相論理を用いたテーマパークでの来場者経路計画
  • 中作 勇介:変分自己符号化器による分布外検知のための潜在変数分布
  • 森 悠貴:月極域における水氷探査のための経路計画手法
  • 山本 雄大:フォールバック制御の導入によるセキュアな協調型車間距離制御システムの構築
ページの先頭へ

2019年度

修士学位論文

  • 丁 世堯:Reinforcement Learning in Multiolayer Games by Policy Gradient Lagging Anchor(9月修了)
  • 市川 幾海:コネクティッドビークルによる適応型プラトゥーン制御
  • 黒見 大希:レビューサイト上での情報提示に基づいた消費者行動の集団ゲームモデル
  • 白田 聖人:Unit Testing Framework for Embedded Component Systems
         (組込みコンポーネントシステムにおける単体テストフレームワーク)
  • 早川 裕基:アクティビティ図を利用した1人の操作者によるUAV群監視支援システム
  • 松井 義樹:需要の変動を考慮した利己的ルーティングに対する各辺の課税額決定法
  • 吉村 優一:Learning of event-triggered controllers using Gaussian processes
         (ガウス過程を用いた事象駆動型制御器の学習)
  • 池本 隼也:DDPGを用いた非線形システム制御(短期修了)

卒業論文

  • 藤川 雄斗:ドローンのネットワーク化制御システムに対する攻撃のもとでのフォールバック制御
  • 衣川 琢磨:Control of Timed Discrete Event System with Ticked Linear Temporal Logic Constraints      (ティック付き線形時相論理制約のある時間離散事象システムの制御)
  • 木水 祐孝:エントロピー項による量子Wasserstein距離の拡張とその性質
  • 津曲 夏子:時相論理を用いた異種車両による不確実な環境下での探査問題
  • 戸田 康介:ブロックチェーンネットワークにおけるチェーン分岐の解析と制御
  • 深浦  尋:ROS2によるQoSを考慮したUAV群監視支援システムの開発
  • 堀 悠太郎:動的領域被覆と複数ターゲット追跡に向けた複数種エージェントの割当法
  • 大浦 稜平:Reinforcement Learning based Controller Synthesis for Linear Temporal Logic
          Specificactions Using Limit-Deterministic Generalized Büchi Automata
         (Limit-Deterministic一般化Büchiオートマトンを用いた線形時相論理制約に対する強化学習
          に基づく制御器設計)
ページの先頭へ

2018年度

修士学位論文

  • 銭 芸:Receding Horizon Control with iLQG Method Considering Computational Delay and its Application to Nonholonomic Systems(9月修了)
  • 北川 勇斗:Multi-rate DAG Scheduling Considering Communication Contention for Many-core Processor (メニーコアプロセッサにおける通信競合を考慮したマルチレートDAGスケジューリング)
  • 小島 流石:Mapping Method of MATLAB/Simulink Model for Embedded Many-Core Platform (組込みメニーコアプラットフォームに対するMATLAB/Simulinkモデルの配置決定法)
  • 徳永 翔太:Implementation on Embedded System and Proposal of MATLAB/Simlink Benchmark Suite to Improve the Practically of Self-driving System (自動運転システムの実用性向上に向けた組込みシステムへの実装とMATLAB/Simlinkベンチマークの提案)
  • 長谷川 祐太:インセンティブ配分のある電力使用量削減問題のゲームモデル
  • 山倉 佑馬:線形時相論理仕様を満たす階層型強化学習
  • 許 東武:離散時間マルチエージェントシステムにおけるピニング合意制御の安定解析

卒業論文

  • 池本 隼也:Networked Control of Nonlinear Systems with Uncertain Network Delays Using Continuous Deep Q-learning (連続深層Q学習を用いた不確かなネットワーク遅延のある非線形システムのネットワーク化制御)
  • 梶山 虎宇:集団に依存しない模倣に基づいたゲームダイナミクスにおける補助金を用いた制御法
  • 狐塚 崇大:エージェントの知覚情報の分割に基づいた報酬設計
  • 高島 相太:階層型タクシー運転支援システムの設計
  • 田頭 史都:外乱のある線形離散時間システムに対する自己駆動モデル予測制御器の一設計法
  • 中嶋 大志:強化学習を用いたQoSに基づくアンチジャミング移動制御
  • 渡邉 大樹:タスクの性質を考慮した割当問題への集団ゲームに基づくアプローチ
ページの先頭へ

2017年度

修士学位論文

  • 家脇 康佑:利得差の順序付き加重平均に基づく多目的ゲームの模倣ダイナミクス
  • 門屋 涼:複数集団レプリケータダイナミクスにおける制限のある観測に基づいた補助金による目標状態の安定化
  • 小寺 雄基:価値観の違いを考慮したアクセスポイント選択ゲームとその重み付きポテンシャル
  • 坂口 聡範:マルチエージェントシステムの静的ピニング合意制御
  • 福田 健一:Stabilization of Composite Systems by Decentralized Event-Triggered Control Using M-Matrices (M行列を用いた分散事象駆動型制御による複合システムの安定化)
  • 堀 峻輔:組込み向けメニーコアプロセッサを対象とした性能評価および実行時間見積もり
  • 増田 直之:階層型強化学習を用いた非ホロノミック車両システムの制御
  • 丸山 雄也:Scalable Parallel Computing on NoC-based Embedded Many-Core Platform (NoCベース組込み向けメニーコアにおけるスケーラブルな並列計算))
  • 山本 拓朗:Component-Based Software Development Framework for Embedded IoT Devices (組込みIoTデバイス向けコンポーネントベースソフトウェア開発フレームワーク)

卒業論文

  • 市川 幾海:コネクティッドビークルの編隊走行制御への強化学習の応用
  • 黒見 大希:自身の戦略に対する他者の評価を考慮した模倣ダイナミクス
  • 白田 聖人:Dynamics Information on Embedded Component Systems for Debugging (組込みコンポーネントシステムに関するデバッグ用動的情報)
  • 早川 裕基:一人の操作者によるUAV群の監視のためのROSを用いた支援システム
  • 松井 義樹:ネットワーク構造に基づいた辺への課税による利己的ルーティングの制御
  • 八木 聖太:帯域制限あるネットワーク化モーション制御における擬似観測量を導入したカルマンフィルタの設計
ページの先頭へ

2016年度

博士学位論文

  • 岩井 正隆:複合サイクル発電プラント計測システムにおける非線形現象による障害の解析と対策

修士学位論文

  • 木下 雅也:集団ゲームにおいて任意の目標状態を安定化する補助金配分法
  • 榊原 愛海:Modular Supervisory Control of Discrete Event Systems with Local Linear Temporal Logic Specifications (局所線形時相論理仕様の下での離散事象システムのモジュラスーパバイザ制御)
  • 長谷川 涼:Model-based Development Framework using Embedded Component System (組込みコンポーネントシステムを用いたモデルベース開発フレームワーク)
  • 広本 将基:タクシーの運転支援システム構築に関する研究
  • 福田 拓生:平行リンクを利用したチルト型クアッドローターの開発とPID制御系の設計
  • 前田 佳樹:時間情報を導入したユーザモデルを用いた人間機械系におけるモードコンフュージョンの検出
  • 町田 真直:誤認識を含む模倣に基づく複数集団ゲームダイナミクス
  • 溝口 将史:The Design of Symbolic Controllers Based on Approximate Contractive Alternating Simulation for Systems with Partial Observation and Delays (部分観測及び遅延のあるシステムに対する近似縮小的交替模倣に基づくシンボリック制御器の設計)

卒業論文

  • 北川 勇斗:Anomaly Detection Based on k-means Clustering with Memory Constraint(メモリ制約を考慮したk-meansクラスタリングに基づく異常検知)
  • 小島 流石:Remapping Method to Minimize Makespan of Simulink Model for Embedded Multi-core Systems(組込みマルチコアシステムにおけるSimulinkモデルの最大実行時間を短縮する再割り当て手法)
  • 徳永 翔太:Intergrated Development Framework for Ros-Based Autonomous Driving Systems with MATLAB/Simulink(MATLAB/Simulinkを統合した自動運転システムの開発フレームワーク)
  • 長谷川 裕太:利己的エージェントの電力使用量削減のためのアグリゲータによるインセンティブ配分
  • 服部 匠:複数集団ゲームにおけるカスタマーレビューに基づく模倣ダイナミクス-ステルスマーケティングの分析-
  • 山倉 佑馬:線形時相論理制約のもとでの階層的制御器の強化学習
  • 栗田 祐一:ネットワーク化PLCにおける帯域軽減を考慮したカルマンフィルタリング問題
ページの先頭へ

2015年度

博士学位論文

  • Sasinee Pruekprasert:Optimal Control Problems for Quantitative Discrete Event Systems Modeled by Weighted Automata

修士学位論文

  • 井深 直人:基地局へのデータ伝送コストを考慮したボロノイ被覆制御
  • 三宮 茂俊:公平性指数を用いた価格更新による二層型リソース配分法
  • 重國 高志:クラウドコンピューティングを用いた一人の操作者による複数のUAVの遠隔操作支援システムの開発
  • 藤田 浩平:Distributed event-triggered output feedback control with centralized observer(集中オブザーバを用いた分散制御システムに対する事象駆動出力フィードバック制御)
  • 藤田 大嗣:Optimal networked control of linear systems with network delays using reinforcement learning(ネットワーク遅延のある線形システムの強化学習を用いた最適ネットワーク化制御)

卒業論文

  • 門屋 涼:集団に依存しない補助金と定額税を考慮した複数集団レプリケータダイナミクス
  • 小寺 雄貴:価値観や通信要求の違いを考慮したアクセスポイント選択―ポテンシャルゲームに基づく分析―
  • 福田 健一:Dynamic Event-Triggered Control of Linear Time Invariant Systems with Observer (線形時不変システムに対するオブザーバを用いた動的事象駆動型制御)
  • 堀 峻輔:Extended Mapping Algorithm Based on Modularity from Synchronous Block Diagrams to AUTOSAR Runnables (同期的ブロックダイアグラムからAUTOSARランナブルへのモジュラリティに基づいたマッピングアルゴリズムの拡張)
  • 増田 直之:Networked Supervisory Control of Mealy Automata (ミーリオートマトンのネットワーク化スーパバイザ制御)
  • 丸山 雄也:Evaluation for Real-time Performance of ROS2 (ROS2のリアルタイムパフォーマンスの評価)
  • 山本 拓朗:mruby Bytecode Loader Using Bluetooth in Multi-VM Environment(Bluetooth を用いたマルチVM対応 mruby バイトコードローダ)
  • 家脇 康佑:多目的ゲームのためのp-ノルムに基づく模倣ダイナミクス
ページの先頭へ

2014年度

博士学位論文

  • 松原 崇:Hardware-Efficient Modeling of Nonlinear Dynamics in Neural Systems(神経システムにおける非線形ダイナミクスのハードウェア実装に適したモデル化)

修士学位論文

  • 伊澤 真人:Hardware-oriented Models of a Cochlea Partition
  • 石井 大貴:人間機械系のハイブリッドシステムモデリング -近似模倣を利用したオートメーションサプライズの検証-
  • 今井 健:センサネットワークによるカルマンフィルタリングのためのエネルギー消費と情報量に基づいた最適サンプリング
  • 島田 直季:Hardware-Efficient Model for Reproduction of Somatic-Dendritic Interactions
  • 西田 佳祐:フロー要求が変化するマルチコモディティネットワークにおける 利己的ルーチングの制御 -仮想遅延によるアプローチ-

卒業論文

  • 木下 雅也:レプリケータダイナミクスにおける平均利得の最大化〜任意の目標状態を安定化する補助金の配分法〜
  • 榊原 愛海:Optimal Directed Control of Discrete Event Systems with Linear Temporal Logic Constraints
  • 長谷川 涼:リアルタイムOSとロボット技術を用いたブラシレスモータ制御
  • 広本 将基:時相論理制約のもとでのマルコフ決定過程に対する最適制御器の強化学習
  • 町田 真直:価値観の異なるプレイヤーの模倣を考慮した複数集団ゲームダイナミクス
  • 溝口 将史:Robust Stabilization of Cyber-Physical Systems by Similarity Output Feedback Control
  • 前田 佳樹:分散メディエータによるWebサービス合成のSMTモデルとスケジューリング
  • 松本 尚子:ホルダスイッチングを用いた最適サンプル値制御系の設計
ページの先頭へ

2013年度

修士学位論文

  • 青木 優介:メカニズムデザインを用いた虚偽申告に頑健な公平リソース配分法
  • 浦本 拓実:Simple Models of Spike Timing-Dependent Plasticity for Computation in Large Neural Networks
  • 河野 達也:有限時間最適制御を用いたマルチロータヘリの軌道生成法
  • 斜森 泰樹:Optimal Scheduling of Multi-Hop Control Networks Using a SAT Solver
  • 森本 卓弥:Subsidy-Based Control of Heterogeneous Multiagent Systems Modeled by Replicator Dynamics
  • 甘 泉:Division Constraint-based Receding Horizon Control of Nonlinear Discrete-time Systems

卒業論文

  • 井深 直人:ボロノイ被覆問題におけるロジットダイナミクスを用いた均衡選択
  • 三宮 茂俊:利得公平化リソース配分のための価格決定メカニズム
  • 園田 晃己:完全観測な離散事象システムに対するマニュアルの自動生成
  • 藤田 浩平:離散時間システムに対する計算遅延を考慮した事象駆動1型サーボ系の設計
  • 藤田 大嗣:Adaptive Optimal Digital Control with Computation Time Delay of Linear Discrete-time Systems Using Reinforcement Learning
  • 岩田 篤彦:利得の最大・最小要素に基づく多目的レプリケータダイナミクス
ページの先頭へ

2012年度

修士学位論文

  • Sasinee Pruekprasert:Optimal Supervisory Control of Quantitative Deterministic Discrete Event Systems(9月修了)
  • 石本 裕典:非同期セルオートマトンに基づいた蝸牛パーティションモデル
  • 坂井 勇哉:背景理論付き充足可能性判定を利用した計算機ネットワークのタスク配置とスケジューリング
  • 坪谷 浩美:調停に基づく多目的ゲームの均衡解―ナッシュ均衡の存在性と完全性―
  • 野口 拓也:非同期セルオートマトンニューロンモデルのピッチ検出機能について
  • 山下 祐太郎:A PWC Spiking Neuron Model
  • 松原 崇:Asynchronous Sequential Logic Circuit Neuron Model and Its Network

卒業論文

  • 今井 健:モバイルセンサによる階層的探索手法
  • 平野 竜洋:非同期セルオートマトンを用いた積分発火型ニューロンモデルとその実装
  • 伊澤 真人:非同期セルオートマトンを用いた螺旋神経節細胞モデル
  • 石井 大貴:人間-機械系におけるオートメーションサプライズの発生しない安全なインターフェース設計
  • 大柳 勇介:アトラクタ選択の移動センサ被覆問題への応用
  • 島田 直季:非同期セルオートマトンによる樹状突起における電位伝播特性の再現
  • 西田 佳祐:マルチソースネットワークにおける利己的ルーチングの制御法−仮想遅延によるアプローチ−
ページの先頭へ

2011年度

修士学位論文

  • 井口 哲郎:神経細胞ダイナミクスに基づく通信用符号発生器
  • 伊地智 洋文:Pulse-Coupled Asynchronous Sequential Logic Spiking Neuron Models
  • 川村 知広:Evolutionary Multicriteria Games
  • 寺岡 沙織:Coverage Control with Obstacle Avoidance for Mobile Sensor Networks
  • 中尾 将吾:Applications of Mixed Logical Dynamical System: Optimal self-triggered control and optimal motion planning
  • 浜口 慎平:多目的最適化問題に基づくブライスのパラドックスの性質
  • 吉本 達也:Task Arbitration by Job Skipping for Overload Avoidance in Cyber-Physical Systems

卒業論文

  • 清水 俊輔:ポテンシャルとノイズを用いた移動センサ被覆問題の解法
  • 青木 優介:メカニズムデザインを用いたマルチティアサーバのQoS公平化
  • 浦本 拓実:カルシウムイオンに基づいたスパイクタイミング依存シナプス可塑性モデルについて
  • 斜森 泰樹:マルチホップ制御ネットワークにおける通信と制御の協調スケジューリング
  • 森本 卓弥:不完備情報下における複数集団レプリケータダイナミクスとその制御
  • 横井 優:ミーリマシンのスーパバイザ制御におけるノーマル性
ページの先頭へ

2010年度

博士学位論文

  • 林 直樹:A Performance Consensus Problem and its Applications

修士学位論文

  • 市場 忠祐:非一様な相互作用のある複数集団レプリケータダイナミクス
  • 木下 開:Subthreshold Oscillating Neuron and its Self-organizing Network
  • 神志那 純:Coalgebraic Approach to Supervisory Control of Mealy Automata under Partial Observations
  • 日紫喜 徹也:A Neuron Model based on an Asynchronous Cellular Automaton

卒業論文

  • 安藤 智弥:ポテンシャルゲームによるMP-SoCのtemperature-awareな周波数最適化
  • 坂井 勇哉:ペトリネットを用いた動的部分再構成可能FPGAのためのタスクスケジューリング
  • 佐藤 光貴:有限戦略ポテンシャルゲームを用いたアドホックネットワークの波形適応法
  • 坪谷 浩美:2人2戦略の場合の多目的ゲームと多面的ゲームの均衡解の関係
  • 松原 崇:A Generalized Digital Spiking Neuron and its Neuron-like Phenomena and Analysis Method
  • 山下 祐太郎:Spiking Neuron Model consisting of Operational Transconductance Amplifiers
  • 野口 拓也:非同期セルオートマトンニューロンモデルにおける偽確率共鳴
ページの先頭へ

2009年度

修士学位論文

  • 武田 龍三郎:プレイヤーの多面性を考慮したn人進化ゲーム
  • 田中 慎也:タスク負荷によるドライバ伝達関数モデルの応答特性変化
  • 寺田 早百合:動的計画法を用いたマルチバージョンタスクの最適バージョン決定法
  • 西上 徹:並列カオススパイク発振器を用いた符号化とそのロバスト性解析
  • 橋本 昇:A Hybrid Spiking Neuron Model
  • 見坂 卓郎:State-Dependent Tax Based Control of Selfish Routing

卒業論文

  • 井口 哲郎:神経細胞ダイナミクスに基づくシフトレジスタ結合系とIRS発生器への応用
  • 伊地智 洋文:デジタルスパイクニューロン結合系が呈する基本的な同期現象の解析
  • 川村 知広:多面性を考慮したレイクゲームのレプリケータダイナミクス
  • 寺岡 沙織:ポテンシャルゲームを用いたボロノイ分割による被覆制御
  • 浜口 慎平:マルチソース-シングルシンクネットワークにおけるブライスのパラドックス
  • 吉本 達也:サイバーフィジカルシステムにおける制御タスクの最適スケジューリング
ページの先頭へ

2008年度

博士学位論文

  • 西垣内 秀紀:センサ部のビット制限と分解能を考慮したネットワーク型分散制御システム

修士学位論文

  • 赤井 裕一:Multi-tierサーバシステムにおける公平な最適リソース配分
  • 乾 翼:離散事象システムのモジュラ状態フィードバック制御に対する調停器設計
  • 高山 洋平:複数の非ホロノミック移動エージェントによるターゲット包囲行動
  • 平田 昂:シフトレジスタ結合回路による超広帯域インパルス無線通信符号生成

卒業論文

  • 市場 忠祐:人頭税と補助金を課した複数集団レプリケータダイナミクス
  • 木下 開:共振発火型ニューロンモデルの自己組織化について
  • 神志那 純:リソース制約を考慮したリアルタイムスケジューリングへの離散事象システム理論の応用
  • 和田 仁志:演算遅延とオーバーフロー特性のある1次元ディジタル制御系の分岐現象
  • Detulong Robert:デジタルスパイクニューロンの距離測定への応用
  • 日紫喜 徹也:共鳴発火動作を有する離散状態ニューロンモデルについて
  • 吉原 千尋:集団間の移動を考慮したn集団レプリケータダイナミクス
ページの先頭へ

2007年度

博士学位論文

  • 滝本 隆:ブロッキング零点配置法に基づく安定化手動操作の支援制御
  • 増田 基:ロバスト制御理論を用いた自動走行制御システムの設計

修士学位論文

  • 小田 哲也:離散事象システムのモジュラ制御に対する調停問題
  • 鈴木 絢子:複数のユーザによって操作される離散事象システムのためのマニュアルの自動生成
  • 土江 慶幸:Approximate Finite-State Feedback Controller of Hybrid Systems with Forcible Events
  • 林 直樹:Performance Consensus Problem and Its Application to Fair Resource Allocation
  • 福本 靖彦:ピグー補助金と人頭税を課したレプリケータダイナミクス
  • 村田 有里:言語測度に基づくソフトリアルタイムシステムの最適プリエンプティブ・スケジューリング

卒業論文

  • 武田 龍三郎:進化ゲーム理論による水資源開発問題のモデル化
  • 田中 慎也:human-in-the-loopシステムとしてのドライバの伝達関数モデル
  • 寺田 早百合:低消費電力化と公平性とを考慮したフレキシブルタスクへのリソース配分法
  • 友國 恵太:積分発火ニューロンモデルの結合系が呈するス パイク列の同期現象解析
  • 西上 徹:2つの周期信号入力に対するリーク電流を含む アナログスパイク発振回路の解析
  • 橋本 昇:On-chip学習に向けたデジタルニューロンの基礎と応用
  • 見坂 卓郎:進化ゲーム理論の利己的ネットワークへの応用
  • Sarambage J. Harshana:Experimental Study on Power-aware Resource Management with QoS-based Fairness
ページの先頭へ

2006年度

博士学位論文

  • 金澤 尚史:Multipopulation Replicator Dynamics with Players' Interpretations
  • 原田 史子:Quality of Serviceの公平性を保証するリアルタイムシステムのリソース配分手法

修士学位論文

  • 大野 温子:制約式を満たすリミットサイクルをもつ非線形力学系の構成法
  • 後藤 隼人:利得の再配分に基づく集団の統制モデル
  • 高橋 怜士:オートメーションサプライズを生じないマニュアルの自動生成
  • 日浦 尚利:パルス幅変調制御系における分岐現象

卒業論文

  • 赤井 裕一:弾性タスクモデルに基づくパワーアウェアなフェアシェアリング
  • 伊藤 尚人:3種競合・捕食系における周期解の分岐とカオス
  • 乾 翼:離散事象システムにおける優先度付き非決定性スーパバイザ制御
ページの先頭へ

2005年度

博士学位論文

  • 足立 正和:人間-機械系におけるオートメーションサプライズに対する形式的手法に関する研究

修士学位論文

  • 小野木 健二:動的再構成可能デバイスにおけるリアルタイムスケジューリング―離散事象システム論的アプローチ―
  • 谷口 和隆:車両のレーンキープのためのロバストサーボ系の設計
  • 中山 英生:最適化アプローチに基づくスモールワールドネットワークの生成
  • 梁瀬 裕行:デッドロックフリー部分述語の構成法と人間-機械システムにおける警報機設計への応用

卒業論文

  • 小田 哲也:制御とスケジューリングの協調設計を支援するシミュレータの開発
  • 鈴木 絢子:マルチユーザな人間-機械系におけるオートメーションサプライズの検出
  • 土江 慶幸:時間駆動型事象をもつハイブリッドシステムの状態フィードバック制御
  • 林 直樹:リアルタイムシステムにおける調停機構を用いたQoS公平化
  • 福本 靖彦:利得の再配分を考慮した離散時間レプリケータダイナミクス
  • 村田 有里:言語測度に基づくソフトリアルタイムシステムにおける周期タスクの最適スケジューリング
ページの先頭へ

2004年度

修士学位論文

  • 宇川 佳孝:離散事象システムに基づくオートメーションサプライズの検証
  • 上滝 晴雄:非線形弾性モデルを用いたリアルタイムシステムの QoS 公平化制御

卒業論文

  • 後藤 隼人:利得の再配分があるレプリケータダイナミクスの安定解析
  • 日浦 尚利:レプリケータダイナミクスの安定解析―2および3戦略非対称ゲームの場合―
  • 大野 温子:安定周期軌道をもつ非線形力学系の構成法とその歩行パターン生成への応用
  • 高橋 怜士:LTLを用いたオートメーションサプライズの検出
  • 満岡 咲枝:リアルタイムシステムにおけるQoS公平化適応制御器の実装
ページの先頭へ

2003年度

修士学位論文

  • 高橋 秀行:ハイブリッドステートネットを用いたヒューマノイドロボットの行動実現
  • 仲谷 篤人:ヒューリスティックスを用いた実時間探索法を適用した人命救助問題
  • 金澤 尚史:誤認識を考慮した複数集団の進化ゲーム(短期修了)
  • 原田 史子:リアルタイムシステムにおけるマルチリソース環境下での fair QoS 制御(短期修了)

卒業論文

  • 小野木 健二:再配置可能離散事象システムのモデルと制御
  • 谷口 和隆:言語測度を用いたスーパバイザの強化学習
  • 中山 英生:遺伝子ネットワークに対するハイブリッドダイナミカルシステムの応用
  • 梁瀬 裕行:離散事象システムにおける状態フィードバック制御を用いた警報の設計方法

OB・OGと卒業論文・修士学位論文・博士学位論文

  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
ページの先頭へ